×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乳酸菌に関する商品の紹介や豆知識などのコラム > 乳酸菌と酵素

乳酸菌と酵素

人間の生命システムを維持するのには、酵素が関係しているといわれ、成長や生殖、日々の活動(消化・吸収・代謝・排泄)に不可欠です。潜在的には酵素の造成機能を持っておりまして、20代くらいまで発達た後、徐々に衰えていき、70代くらいになると著しく低下するといわれています。

乳酸菌は代謝によって乳酸を生成することは、【乳酸菌とは】の項でお話をしましたが、それは乳酸酵素と呼ばれています。では、人間の持つ酵素に乳酸酵素がどのように関わってくるかと申しますと、簡単にいって、食料に含まれる乳酸酵素を人体で化学変化させ、それぞれ必要な酵素に振り分けるのです。これは脳が指令を出してそうなっているのでしょうが、ごく自然に行われているわけです。

しかし、食料の補給が止まるとどうでしょうか。潜在的な酵素までものすごい勢いで減っていってしまうのです。体に余計な負荷をかけている状態、すなわち老化(生命力を失う)を早めているといえます。乳酸酵素は生命維持のために必要なもので、摂り続けなければいけないものなのですが、若々しくいたいと考えるのであれば、なおさら摂る必要があるものなのです。